離婚原因

ホーム >> 特集 >> 離婚原因

離婚原因

離婚原因
夫や妻の浮気行為
不貞行為・・・なかなか聞きなれない言葉だと思いますが、法律上では浮気行為とは言わず、 不貞行為と言います。

2人っきりでの食事や親密に見える関係(手を繋ぐ、肩を組む。)などは不貞行為とは認められません。 過去の判例からみても一般的には許し難いふしだらな行為『肉体関係があるかどうか』が 認められないのが現状のようです。また、その不貞行為の継続期間が重要事項になってきます。
過去には一回の浮気で裁判になったが認めてもらえなかった場合があったようです。

生活費を渡さない

結婚生活(夫婦)とは、同居し、互いに協力し、扶助することが結婚生活となります。 ですから、生活費を渡さなければ、もちろん生活ができなくなるので、 扶助義務違反になり、離婚原因と判断される場合があります。

生活できなくなると分かっていながら夫婦関係を継続させる努力をしない場合は悪意の遺棄と考えられます。 たとえば、仕事をしない、収入があればバクチばかり、妻に対する暴言など、 家出し、たまに帰ってはお金を持って行くなど、このような状況になった場合、証拠を揃え離婚請求すれば認めてもらえる場合もあります。

同居義務違反
同居義務違反については、若干状況によりますが、同居しない理由に問題があります。 別居がやむを得ない場合、仕事上の転勤や単身赴任、病気療養、夫婦関係修復の為の別居。

違法不当性が証明できた場合、愛人宅に入り浸り帰ってこない、 同居親族との生活が合わず実家に帰り帰ってこないなど、 このような場合、証拠を揃え、離婚請求すれば認めてもらえる場合もあります。

行方不明・蒸発
結婚生活(夫婦)とは、同居し、互いに協力し、扶助することが結婚生活となります。 ある日突然、パートナーが蒸発、行方不明になってしまった場合・・・あなたならどうしますか?

いろんな方法を使い探しまわったが見つからず、生活の為、子供の為に再婚することも不当であるとは言いきれません

再婚を考えるにはまず離婚しなければなりません。3年以上生死不明の場合、結婚関係は破綻したものとして離婚を認めます。

条件としては、生存・死亡の証明ができないこと(3年以上生死が分からない)が条件となります。

回復困難な精神病

■ 強度の精神病

結婚生活(夫婦)とは、同居し、互いに協力し、扶助することが結婚生活となります。 一方が困っているときは助け合うのが夫婦というものです。

しかし、非常にシビアな問題ではありますが、一方が不治の精神病にかかってしまった場合、 もう一方は一生その負担を負わなければならなくなってしまいます。
そうなれば、夫婦生活がままならない状況になってしまうので、 日本では精神病による離婚を医師の診断で条件を満たせば認めてもらえる場合があります。
その条件とは、回復の見込みのない強度の精神病を医師が診断した場合です。 強度とは「夫婦の同居、協力扶助」という結婚生活の基本的な義務が果たせないと判断した場合です。

■ 認めてもらえる可能性の高い精神病

・早期性痴呆
・麻痺性痴呆
・躁鬱(そううつ)病
・偏執病
・初老期精神病
以上が確認されたから離婚できるではなく、全力で頑張ったけどやむ負えず…という場合のみごくまれに認めてもらえるようです。

■ 認めてもらえない精神病

・ヒステリー
・神経衰弱
・モルヒネ中毒
・薬物中毒
・アルコール中毒
このような状況になった場合、精神病ではなく、婚姻を継続しがたい重大な事由として考える方法もあります。

暴力沙汰・侮辱

家庭内暴力、(DV)ドメスティックバイオレンス

妻の申し立てで家庭裁判所に持ち込まれる事由で上位理由の一つです。
一言で暴力といっても夫婦喧嘩の成り行きでついつい感情的になり平手打ちをしてしまった… などという場合、暴力をしてしまった側はついついで片付けてしまいますが、された側はそんな簡単にすませません。
ですが、暴力が結婚生活において無意味で健全に過ごせなくなる一つのきっかけであるのは間違いがありません。 判決でも暴力亭主には厳しい傾向にあります。 例えば…

・顔がはれ上がる
・体中があざだらけ
・髪をつかみ振り回す
などがあった場合、きちんと認められれば、離婚を認められ場合はたくさんあります。 また、このような暴力亭主は協議離婚、調停離婚に応じない場合が多いようです。

信仰上の対立
宗教、信仰の自由は憲法により保障されています。

宗教、信仰の違いで離婚事由、結婚生活を継続し難い重大な事由としては認められません。 しかし、この問題を事由としての離婚裁判が増えています。
そのほとんどが、妻が過剰に宗教活動に熱中し仕事、家事、育児を放棄。 よく話し合っても配偶者や仲介者、家族よりも宗教の教えを優先し簡単には解決しないというのもあります。 信仰の事由と言っても限度があり、家庭を崩壊、犠牲にしてまでの信仰は離婚原因として認められます。
ですが、結婚前に一方は信仰を伝え、もう一方は信仰を隠し、 それにより離婚原因となった場合は慰謝料の支払い責任ありという判例がでた場合もあります。

基本的には家族の幸せ、世界平和などの為に始めた信仰がなぜこのような問題になるのかがそもそもの問題のような気がします…

性格の不一致
家庭裁判所に持ち込まれる最も多い理由です。

家庭裁判所に持ち込まれる夫婦間のトラブルで、最も多いのが、性格の不一致です。 ですが、もっともらしい意見ではありますが、なかなか離婚の決めてにはなりにくいのが現状です。 生まれも育ちも違う男女が一緒になるのですから不一致があるのは当たり前のことですが、 そんなことはお構いなしで、何十年も円満に暮らしている家庭はいくらでもあります。

生活の不一致が大きくそれが原因で結婚生活にヒビが入り愛情はなくなり元に戻ることが不可能になることがあります。
そんな場合、性格の不一致以外で理由がなければ立派な婚姻を継続し難い重大な理由となります。

ですが、性格の不一致が原因で離婚という判決はなかなか出ないようです。

性的不満
最高裁判所の過去の判例でも夫婦関係の性生活は婚姻の基本となる重要事項として確認しているようです。
性生活に基準があるわけでもないので、片方が普通だと考えていてももう片方は…という場合も少なくはないようですが、 こういった場合は、婚姻を継続し難い事由と認めている場合もあります。

・俗にいう「SMプレイ」や汚物プレイなど
・異常なほどの性行為
・要求を断った場合の暴力や虐待
その後の婚姻関係を壊しかねない状況にまでエスカレートした場合は、認められる場合のあるようです。

家族との不和
どちらかの親との同居となれば夫婦生活に影響は少なからずあります。 夫からの家庭裁判所での調停事件の動機ベスト5に入ります。
しかし、親族との不和は性格の不一致と一緒でなかなか認めてもらえません。 妻と親族の間に入らなかった夫からの離婚請求はまず認めてもらえません。
また、自分の両親側に立ち妻の暴力や前妻の子を後妻が当たり散らすなど夫は知りながら何もしなかった場合、 逆に妻から離婚請求される場合があります。

両親同士の不仲などもなかなか認めてもらえないようです。

思いやりがない
中高年の男性によくある家庭よりも仕事、家では亭主関白。
このような事態が直接離婚原因とはならないのですが、 このような事態が原因で夫婦生活に影響を及ぼし、婚姻関係を継続できない 事由となる場合があるようです。

など、口喧嘩の延長線上にあるような言葉では侮辱にならず、過去の判例で夫の犯罪を告訴した妻が 夫を名誉、面目を侮辱したとして、重大な侮辱として認められた判例がありました。

有責配偶者からの請求
有責者からの離婚請求の典型的な事例は夫婦の不貞が元になり夫婦が不仲になってやがて別居、夫婦関係の破たん…離婚。
それなのに、浮気をした有責者からの訴えを認めてしまえば、大変なことになります。

しかし、夫婦関係における破綻の事実を直視するようになりました。
しかし、簡単に有責者からの訴えが通ることはありません。
いくつかの場合により認められる場合があるようです。

・別居が相当の長期間に及んでいる。
・夫婦間に未成熟の子供がいない
・相手方配偶者が精神的、社会的、経済的に苛酷な状況に置かれるなどの事情が認められない限りこの3つがあり、状況的に認めら得れば成立するようです

過去の調査事例浮気調査について

24時間年中無休で対応!ご相談のお電話代も無料!

ご相談・お見積り完全無料!今すぐこちらから

大阪

06-6346-0313

大阪市福島区福島5-13-18-202

アクセスマップ mail

神戸

078-242-1525

神戸市中央区小野柄通5-1-5-206

アクセスマップ mail