関連情報

ホーム >> 関連情報 >> 子どもの深刻な悩みを察知する方法

子どもの深刻な悩みを察知する方法

子どもの隠しごとを察知する方法
Q:いじめを受けていても、必死で子どもが隠そうとしているというニュースを聞いて心配になりました。何でも話し合ったり、隠していることをうまく事前に察知する方法はないのでしょうか? ウソをついたりすることよりも、深刻な子どもの悩みを知らないでいるかもしれないということのほうが心配になります。

強い気持ちと普段の態度に気をつけて!
A:北海道滝川市の小学校の教室で2006年9月、6年生女児が首つり自殺をした問題で明らかになったように、子どもは親に心配をかけたくないことを理由に深刻な問題を打ち明けないことがあります。学校がいじめの実態を隠して、親だけが事実を知らなかったといったことは少なくありませんが、本当に悔やんでも悔やみきれません。

一番大切なことは、「親はどんなことも冷静に受けとめられるんだ」という安心感を普段から子どもに与えることです。

子どもの仕事は親の期待に応えること

良くも悪くも、小さい子どもの最大の仕事は、親から保護してもらえる保証を得ることです。そのために、子どもは親の期待に応えようと無意識で思っています。親の期待に応えることが、安全を確保する一番の方法だからです。

そのために子どもは、普段から親がどんな価値観で生活しているかを大人が思っている以上に敏感になっています。子どもがいじめられてうれしい親などいないでしょう。その思いは当たり前のことなのですが、これが、子どもの負担になることがあるのです。

子どもは親を悲しませたくないと思っています。これは前述したように、子どもが安心して生きるために親の期待に応えることが重要だからです。子どもがわざわざ、親を悲しませるようなことを話すのは、想像以上に過酷なことです。親が悲しめば悲しむほど、いじめに否定的であればあるほど、子どもにとっては辛いものです。

子どもに、どんな深刻な問題でも正直に話し合える環境をつくるには、どうすればいいでしょう? それには、「普段から何があっても動じない態度」が必要です。そして、「解決方法に焦点を当てられること」が大切になります。

・普段から何があっても動じない態度
・解決方法に焦点を当てられること

この2つができていれば、子どもはどんなことでも親を信頼して話してくれるようになります。

(All About より)

過去の調査事例浮気調査について

24時間年中無休で対応!ご相談のお電話代も無料!

ご相談・お見積り完全無料!今すぐこちらから

大阪

06-6346-0313

大阪市福島区福島5-13-18-202

アクセスマップ mail

神戸

078-242-1525

神戸市中央区小野柄通5-1-5-206

アクセスマップ mail