関連情報

ホーム >> 関連情報 >> 離婚の慰謝料ってどのくらいが相場なの?

離婚の慰謝料ってどのくらいが相場なの?

実は慰謝料には、明確な算定方法や算定基準はありません。しかし次のような要素から判断されることはあります。

■離婚慰謝料の算定要素

離婚にいたるまでの責任の大きさ

精神的苦痛の度合い

精神的苦痛の期間

養育が必要な子どもの数

支払う側の社会的地位

支払う側の経済力
「何ヶ月も、ほとんど食事らしい食事もとれず、夜も眠れなかった。こんな辛い思いをさせたのだから慰謝料は○千万円いただきますから」と言ったところで、相手にその支払い能力がまるでなければ、その精神的苦痛に見合うと納得できるだけの慰謝料を支払わせることはできないのです。

不貞が離婚事由の場合の慰謝料は?
パートナーの不貞行為による慰謝料は、上の算定要素と以下の内容を合わせて考慮します。

■不貞による離婚慰謝料の相場:100〜500万円

不貞の回数

不貞の期間

不貞にいたった経緯

不貞の相手が妊娠・出産した

不貞相手から性病をうつされた

不貞によって精神的苦痛を受けた

不貞によるショックでうつ病など心の病に罹った

支払う側の経済力
調停・裁判では、確実な証拠がものを言います。とはいえ、いくら有利となる証拠を提出することができても、相手の資産・収入レベルが考慮されますので、望みどおりの金額とはならないことも往々にしてあるのです。

精神的虐待・暴力行為が離婚事由の場合の慰謝料は?
パートナーの精神的虐待・暴力行為による慰謝料は、前頁の「離婚慰謝料の算定要素」に加えて、以下の項目を考慮して算定されます。

■精神的虐待・暴力(DV=家庭内暴力)による離婚慰謝料の相場:50〜500万円

DVの回数

DVの期間

DVにいたった経緯

DVの継続性

DVによる苦痛の度合い

ケガ・障害・後遺症の程度
離婚原因がDVの場合は、被害者側の心情としては、「とにかく離婚さえできれば何も要らない」「逆恨みされても怖いので慰謝料はあきらめる」という人もいます。

それも1つの考え方ですが、しっかりとした収入のある相手からは、証拠があれば支払われるものですから、弁護士を立ててでも、あきらめないで欲しいと思います。

悪意の遺棄が離婚事由の場合の慰謝料は?
悪意の遺棄による慰謝料は、前頁の「離婚慰謝料の算定要素」に加えて、以下の項目を考慮して算定されます。

■悪意の遺棄による離婚慰謝料の相場:50〜300万円

同居義務違反の程度―別居期間

同居義務違反の程度―別居にいたった経緯

同居義務違反の程度―別居による精神的苦痛

扶養義務違反の程度―生活費を入れない

扶養義務違反の程度―借金・働かない
日本における離婚の約9割が当事者間の話し合いによる協議離婚です。お金について取り決めた内容は、必ず公証人役場で公正証書(強制執行認諾約款付)にしておきます。

調停・裁判まで進んだ場合、最大でも相場程度の慰謝料になりがちです。相場以上の額が見込める相手なら、協議で離婚をするほうがもらう側にとっては有利になるケースもあります。

(All About より)

過去の調査事例浮気調査について

24時間年中無休で対応!ご相談のお電話代も無料!

ご相談・お見積り完全無料!今すぐこちらから

大阪

06-6346-0313

大阪市福島区福島5-13-18-202

アクセスマップ mail

神戸

078-242-1525

神戸市中央区小野柄通5-1-5-206

アクセスマップ mail